医療脱毛を選ぶポイントとは?

脱毛は医療機器と医療技術で行う医療脱毛が効果的ですが、医療とはいっても病院ではなく美容クリニックで行われています。

 

医療行為ではあるものの病院とは異なりますので、クリニックごとに選ぶポイントは異なってきますので、医療脱毛の特徴や現状を把握することが大切です。

 

医療脱毛を選ぶポイントは、どのような脱毛を望むのかが大切になってきます。

 

料金で選ぶか施術時の痛みで選ぶかなど人によって基準が変わりますが、料金の安さだけでは判断できない部分もあります。

 

痛みの強さは脱毛機器の種類によって異なりますが、クリニックにより導入している機器が異なりますので、クリニックの経営方針や導入機器の種類も把握する必要があります。

 

医療脱毛は医療行為ではあるものの、健康保険が使えない施術となります。

 

そのためクリニックごとに施術方法が異なりますし、もちろん料金も異なってきます。

 

料金に関してもクリニックごとに大幅に違うことも多く、選択によってコストパフォーマンスがかわります。

 

選択するポイントは色々ありますが、どんな脱毛を希望するかによって変わりますので、まずは脱毛について詳しく知ることが大切です。

 

医療脱毛は脱毛効果が高い施術ですが、施術前にはカウンセリングが行われています。

 

カウンセリングは施術方針やコースを決めるうえでも重要ですから、カウンセリングの良さで選ぶことも大切です。

 

長い期間がかかる脱毛ですから、クリニック選びは慎重に行うことが大切です。

 

 

医療脱毛を選ぶ時の優先順位は?

一般に脱毛と聞くと、すぐにエステを思い浮かべる方も多いことでしょう。

 

もちろん、エステにおいても脱毛の施術を受けることができます。

 

しかし、もう一つの方法として医療脱毛と呼ばれる方法を選ぶこともできます。

 

医療脱毛とは、その名の通り、医療機関や美容外科などで行なわれている脱毛のことです。

 

医療脱毛の特徴としては、医師が直接施術に携わるか、または医師の立ち会いのもとで施術が行なわれるという点でしょう。

 

さらに、医療脱毛で使用されている機器は許可を得ているものに限られますから、比較的安心して施術を受けることができるでしょう。

 

もちろん一言で医療脱毛と言っても、幾つかの方法があります。

 

それで幾つかの方法の中から、自分に最も合った方法を選ぶ必要があるでしょう。

 

医療脱毛において、後悔しない施術の方法を選ぶためには、優先順位をきちんと定めることが必要でしょう。

 

たとえば、一般に優先順位の上位に挙がる点としては、脱毛技術の高さや痛みの有無、さらにはトータル料金の安さなどがあります。

 

一般に医療脱毛の施術方法として、レーザー脱毛や光脱毛、また電気脱毛などがあると言われています。

 

それらの中から、利用者の状態や希望する事柄に基づいて、どの施術方法を用いるかを決めることができるでしょう。

 

それで、安全性や体への負担、または施術にかかる時間といった要素をいろいろと考慮して、自分の中で事前に優先順位を定めておくなら賢明な決定ができることでしょう。

 

 

医療脱毛のメリットとは?

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関で受けられるのが「医療脱毛」です。

 

医療脱毛は、現在レーザー脱毛と、医療針脱毛という2種類の方法が行われています。

 

レーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーによる脱毛法です。

 

レーザーを肌に照射すると、毛根にレーザーの熱が吸収され、その熱によって無駄毛を脱毛します。

 

医療針脱毛は絶縁針という針を、無駄毛が気になる毛穴に差し込み、そこに電流を流す施術を行います。

 

レーザーとは方法に違いはありますが、熱によって無駄毛を脱毛するのは同じです。

 

この2つの医療脱毛、最大のメリットと言われているのが、永久脱毛の効果を持っているという事です。

 

レーザー、医療針どちらも熱で毛根組織を破壊して、無駄毛を脱毛します。

 

1度壊れてしまった毛根組織は、2度と再生する事がありません。

 

無駄毛を作る機能が失われてしまう為、半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果があるのです。

 

無駄毛が生えてこなくなるという事で、カミソリなどで自己処理する必要が無くなります。

 

自己処理で肌トラブルを起こしやすいという方も、医療脱毛はメリットの多い脱毛法と言えるでしょう。

 

また、レーザー脱毛の場合は施術時間が短いという点も、メリットとして挙げられます。

 

範囲の狭い両脇であれば、施術にかかる時間は約15分程度です。

 

背中など範囲の広い部分の施術でも、約30分程度しかかかりません。

 

レーザー脱毛は施術時間の短さから、全身脱毛に向いている脱毛法です。

 

脱毛医療で全身脱毛は可能か?

全身脱毛を行う際には、脱毛サロンにおいて施術してもらうということが一般的ですが、脱毛医療で医療レーザーを用いて行うという選択肢もあります。

 

相場よりも高い料金を掲げている場合が多いため、脱毛サロン以外で全身脱毛を行う際には、通常よりも慎重に選ぶ必要があります。

 

医療レーザーは、カウンセリングを行う医者や施術者の人件費が高い上に用いる機器も脱毛サロンやエステに比べると3倍ほどの価格のものが導入されています。

 

要する電力も大きく必然的に電気代も高くなるため、サロンやエステで行う全身脱毛の料金よりも高額になるのです。

 

こうした点から、医療においてはサロンもしくはエステで提示される価格のおよそ3倍から5倍と考えておきましょう。

 

提示される価格は高いものの、上述したように性能の良い機器を導入しているためフラッシュ脱毛などに比べると医療レーザーの方が効果は3倍ほど高くなるので通う回数や期間も3分の1に抑えられます。

 

全身脱毛を施術して全身に存在する毛を一掃させるためにはエステであれば3年から6年程度通い続ける必要があるものの、医療であれば1年から2年程度で済ませられます。

 

価格差がおよそ3倍あるため総額でみると同等と言えるものの、肌に施術する回数が少ない分だけ医療の方がお肌に与えるダメージは少ないと言えます。

 

そのため、必然的に炎症などが生じるリスクも低くなります。

 

また、近年では以前よりも安価になってきている場合も増えてきているので安価かつダメージが少ないということが一般的になることも近いと言えます。

 

更新履歴